プロフィール

はじめまして

 ご訪問頂きましてありがとうございます。教室には、小さなお子様からシニア世代の方達まで幅広い年齢層の方達がいらっしゃいます。

 

椅子によじ登るようにして座る小さな子供達、学校で歌った曲を弾きたくて夢中の小学生、部活や試験と両立させて頑張っている中高生、保育士を目指している大学生、お仕事帰りに通っている方達、退職後の第二の人生でレッスンを始めた方達、

 

みなさん音楽好きで、熱心な方達ばかりです。

 

生徒さんたちの目的や目標は様々、楽しみ方もそれぞれ

お孫さんとの連弾を楽しみにしている方、家族や友達とのアンサンブルを楽しみにしている方、職場のイベントや施設でボランティア演奏をしている方達、

 

コンクールイベントやグレード(級)受験に挑戦している方たち、アレンジやオリジナル曲にチャレンジしている方達もいらっしゃいます。

 

生徒さん達のお手伝いをしている私にも、長年追い続けている音があります。目指す音のためにレッスンを受け続け、審査される場にも参加し続けています。

 

私も生徒さんたちと同じように、ドキドキワクワクしながら少しずつ前に進んでいます。

 

 

南福島ミュージックルームは、自分がやりたい音楽を自分のペースで楽しむための教室です。

 

 

●プロフィール

’86~(財)ヤマハ音楽振興会 システム講師(トリプルグレード取得/エレクトーン、ピアノ、指導)

’97システム講師を退任。jet全日本エレクトーン指導者協会、PEN ヤマハピアノエデュケーターズネットワークに所属。

’99現在の場所に教室を開く。

 
受賞歴(2005年~)

◆jet.アレンジ&レジストレーション・コンペティション(全国選考会)

2005年 演奏・自由編曲部門/ファイナル賞
2006年 同, ファイナル賞
2007年 同, 最優秀賞
2008年 同, ファイナル賞

 

◆jet.アレンジステージ(全国選考会)

2009年 ソロ演奏・自由編曲部門/最優秀賞
2010年 同, 最優秀賞
2011年 同, 優秀賞

*2012年(不参加)

2013年 ソロ演奏・オリジナル部門/優秀賞
2014年 同, 最優秀賞
2015年 同, 最優秀賞
2017年 同, 最優秀賞

 

2018年~はブログ等でご報告します。

 


 

月刊エレクトーン2014年8月号に掲載されました
http://www.yamaha.co.jp/jet/topics/teachers_35.html

 
こんな子供時代でした

 

5歳のある日
友達が「メリーさんのひつじ」を両手で弾いているのをみて悔しくなり、家へ帰るなり「わたしも習う!」と喚いたのがこの世界へ入るキッカケになりました。

 

 

小学生になると
遊びに夢中で練習はそっちのけ。泣き泣きレッスンに行き、泣き泣き弾いて、泣き泣き帰ったものです。

 

祖母が三味線を教えていたせいか、母は芸事をよく知っていました。まったく練習しない娘に母がしたのは「レッスンをやめてもいい」と言わなかったことだけ。

 

それでも高学年になる頃にはグレード(級)の取得も進み、家族や友人のリクエスト曲を即興で弾けるようになっていました。

 
先生と呼ばれる日

「第三者のレッスンを受け続けるのでなければ人に教える資格はないからね」

 

指導者になることが決まった時、子供時代の恩師からいただいた言葉です。胸に刻んでこの世界に入りました。

 
現在

ヤマハを退任してからずっと、作編曲家でもある現在のお師匠先生にレッスンしていただいています。

 

2005年からは現在の所属団体である、jet全日本エレクトーン指導者協会の作編曲コンペにも参加を続けています。

 

jet.コンペティションの概要はこちら

http://www.yamaha.co.jp/jet/information/c_forum/arrange_stage/

 

 

これまでの演奏活動

教室や所属団体主催のイベントの他、地域施設でのシニア音楽リクリエーション、小学校の鑑賞教室など。

 

 

おまけ

好きな○○ 古典、江戸文学、落語、コーヒー、日本酒

苦手な○○ 大きな虫とヘビ

 


 

トップページへ

 

 

 

ご入会の前に

 

 

 

お問い合せ