指導方針

弾く楽しみ、弾ける楽しみを

 

「好きな曲のメロディーが少し弾けた!」それだけでとても嬉しいものです。

弾くことが楽しみになってきます。




「もしメロディーも伴奏も1人で弾けたら・・・?」すてきなハーモニーが生まれます。

弾けることがどんどん楽しくなってきます。




まずは楽器の音を楽しみながら、ゆっくり進みましょう。

やがて好きな曲をご自身で読んで弾けるように、レッスンだけでなく自宅練習の方法もお手伝いさせていただきます。

 

生徒さんに

「弾くことが楽しみになった、弾けることが嬉しい楽しい」

そう言っていただけることが私の喜びでもあります。

 
 
演奏で思いを伝える~自己表現~ 

 

これができたらステキですよね。

大切なのは、伝えたいことを把握していること、様々な伝え方を経験すること。

 

教室では、演奏技術(伝え方)のほか、曲の内容や作曲家に関する基礎知識などを含めたレッスンをしています。

 
 
人前で演奏する~経験値~

 

人前での演奏は、音楽的成長を大きく促します。

教室や家の中だけに留まらず、外部でも演奏して経験を積みましょう。

弾き手としても聴き手としても、世界がもっと広がります。

 

教室主催の 発表会 は全員参加を呼びかけています。

また、生徒さんが参加できる教室外イベントのご案内もしています。

 

(*令和2年春の発表会より、イベントを中止しています。)

 

 

録音・録画しながら練習を~記録~ 

 

録音すると、ご自分の演奏を客観的に聴くことができるので自宅練習にお勧めしています。

 

弾けるようになった曲は録音をしておいて、曲数がたまったらCDにまとめてみませんか?

 

レッスン初期から録音を残しておくと成長日記のようなCDになりますよ。

 

録画をするとご自分の演奏フォームもチェックできます。

 

 

SNSでご自分の演奏を公開してアーカイブとして残したり、

仲間内のグループで動画投稿しあったりするのも楽しいものです。

 

自分の音を記録に残しながら、楽しみの幅が広がっていきますよ。

 

 


 

トップページへ

 

 

 

ご入会の前に

 

 

 

お問い合せ